この方法を知ってしまったあなたはまったく違う世界を垣間見るでしょう。
目を開けたまま歩く時や電車に乗っている時、仕事の合間にお茶をしている時にも

『意識を超えた意 識』状態がやってくるようになります。

5千年前のインド・カシミール地方
から伝承されたメディテーション技法
Vigyan Bhairav Tantra
ヴィギャン・バイラヴ・タントラ

あなたの意識を解放する4つのステップ

深淵な意識状態を垣間見るには4つのステップが存在します。

1 意識の限定解除をします。

2 ○○を使って意識を超えた意識にコンタクトします

3  目を開けたまま『意識を超えた意識』に出入りします

4 重い波動の世界から軽やかな世界へ移行し体感し始めます


このサイトでは意識を解放する簡単なヒントやレッスンが含まれているの で、楽しみにして最後まで読んでみてください。
また、途中に無料で本編が試し読み出来るご案内もありますので、お見逃しなく。

瞑想しているヒマなんてないよ

あなたは色々な瞑想法やスピリチュアルな技法を習った事があるかもしれません。
でも、正直、毎日出来てますか?

朝、7時前に起きて交通渋滞や通勤ラッシュにもまれ、会社では慌ただしい仕事のプレッシャーに押しつぶされて残業カットで終電間際まで働かされる日々。

せっかくの休日も体を休めるだけで終わってしまうか、買い物や遊びに家族を連れて行ってクタクタになって日曜が終わる日々。

「あ〜〜 自然が豊かな静かな環境でユッタリと瞑想したいよな〜〜」

と思っていても、現実は違います。

豊かな自然環境どころか、誰もが先を争うようにしてエスカレーターでさえ急ぎ足の現代日本です。

一日中ゆったりと瞑想出来る合宿や牛が道路で寝そべるインドの田舎ではありません。

つまり、現在日本で紹介されている瞑想法はノンビリした昔のインドで発達した技法なので、現代社会の忙しい私達の生活スタイルを考えてくれているわけでは ないのです。

また、毎日朝晩の瞑想をしようと思ってもなかなか時間がとれませんし、一日の終わりにはクタクタになってしまってエネルギーも枯渇している日の方が多いと 思います。

現実逃避の瞑想

『事件は会議室で起こっているんじゃない、現場で起こっているんだ』

ドラマの青島刑事が言う有名なセリフですが、実際問題、あなたの問題(事件)は会議 室(座って瞑想している時)ではなく、現場(会社や家庭)で日々発生しているわけです。

もしかしたら、あたなは家の部屋などの静かな環境で目を閉じて瞑想している時はシーンとした静寂に包まれ、安らぎに浸れるかもしれません。

しかし、一旦、目を開けて活動し始めると様々な試練がやって来ます。
目を開けて活動し始めると、瞑想で浸った静かな余韻は途端に崩れ始めます
会社では上司や同僚の一言がグサッと胸に突き刺さる事もあるでしょう。

取引先やお客様とのやりとりで、ムカッとする事もあるでしょう。
家に帰れば帰ったで、家族は遠慮無しにズケズケと発言しますので、あなたは自分の事は誰もわかってくれないと思ったりもするでしょう。

1日24時間で睡眠時間の8時間を抜かすと16時間です。
16時間は960分ですから座って瞑想している時間が40分だとすると瞑想して安らいでいる時間は24分の1しかウエイトを占めていないわけです。

つまり、あなたは瞑想したり自己ヒーリングをマスターして深い安らぎや高い波動の状態に浸れる事が出来ているかもしれませんが、生活している時間で言えば 24分の1の時間しか実現出来ていない計算になります。

その為、瞑想している時間が単なる現実逃避の時間になってしまいがちなのです。
座って目を閉じている間は問題を忘れられるけれども、目を開けたら再び過酷な現実が 待っています。

ですから、あなたが望んでいるような軽やかな波動の世界に生きられていないのは、別にあなたに問題の原因があるからでは無いんです。

単純に方法論が忙しい現代日本に生活する我々に合っていないだけなの です。

しかしですよ?

もし、その瞑想状態を日常生活中もキープする事が出来たら?

「いやいや、そんな方法は無いですよ」

とあなたは思うかも知れませんが、実はあるのです。。

気づきの系統と最新の量子力学的方法

実は目を開けたままする瞑想というのは気づきの技法として昔から存在します。

有名なのはお釈迦様の瞑想として知られている上座仏教のヴィパッサナー瞑想や最近では量子力学的な概念を取り入れたヒーリング方法などが海外から日本に 入ってきています。

これらはとてもよく考えられたシステムで日常生活中にも実習出来る優れた手法です

また、こういった瞑想技法やヒーリングのテクニックとは別系統ですが、アドヴァイタ(ノンデュアリティ)といって気づき(プレゼンス)を使い意識の解放を 行おうというムーブメントも欧米から拡がりを見せています。

しかし、現状としてこれらの技術は一部の人達には知られていますが、現代日本の私達に一般的に知られているかというと、なかなかそういうわけにもいきませ ん。

また、実際に本や講習会、セミナーなどに参加して瞑想法やヒーリング方法をマスターしようとしても、なかなか思ったようには習得出来ないのが現状としてあ ります。

それにはいくつかの理由があります。

1つには外国から入ってきたメソッドだということです。

外国からの教えは勘違いしやすい?

なぜ外国からだとイマひとつなのでしょうか?
それは、せっかくの優れた技法でも私達は勘違いしてしまうからです。

この2つが問題としてあります。

まず、言葉ですが普通の日常会話ならまだしも、気づきの分野は非常に微細な領域を扱 いますので、なかなか理解しにくいという事実があります。

例えば、車とかならわかりやすいですよね。

新しいBMWはこんな形でこんな色でというのは写真を見ればわかりますし、エンジンが200馬力だとか、性能はどうだとかいうのは数値で表わせますので、 外国から入って来ても理解するのに何の問題もありません。

しかし、瞑想の分野やヒーリング、スピリチュアルな分野というのは明確な形を示せる ものでもありませんし、数値化出来るものでもありません。

ですから、どんなに美しい表現や知的な文章で説明されても、微妙なニュアンスは非常 に理解しにくいのです。

微妙なニュアンスが伝わりにくいと、瞑想では非常に繊細なところにフォーカスしますから、気づきの状態にも気づけません。

そうすると、瞑想状態や特定のヒーリング状態にも入りにくくなりますし、それぞれの方法は外国で誕生した専門用語を使いますので、私達日本人にとって、わかるようでわか らない微妙な理解や残念な結果になってしまいます。

ゼニ儲けと化す

次に2つ目として提供形態です。

色々なセミナーが開催されていますが、外国人講師を招いたり広い会場を借りたり、広告宣伝費をつかったりして経費が物凄くかかります。

飛行機での移動交通費、宿泊費はむろん、セミナー主催者の会社の従業員や担当者の給料の支払い分や通訳の外注費、広告デザインの打ち合わせなどお金も時間 も物凄くかかるのです。

ですから、招かれる講師の方は立派で素晴らしい方が本当に多いのですが、主催しているところは経費をペイする為に商売でやらざるを得ません

その為に彼らは利益を出す為の金の亡者と化してしまっているケースが見受けれられます。

具体的には例えば海外では300ドル(約3万円)のセミナーが日本ですと9〜12万円での開催となります。

3倍以上の価格になってしまっているのです。

結局、あなたが嫌っている大量生産の拝金主義的な世の中の構造がそのままスピリチュアルな分野にも反映されてしまっているのです。

また、セミナーが終わってからのフォローが手薄になって、参加者も習ったけど、どう活かせばいいのか?質問はどこにしたらいいのだろうかと困ってしまう事 も多いです。

ですから、セミナー中や終わった時は満足感がありますが、その技術やテクニックを日 常生活で使いこなすレベルまで習得出来るかとういうと、なかなか難しいものがあります。

つまり、2〜3日したら忘れてしまうのです。

お金と時間をムダに使った事になってしまいます。

その点、私は一人で活動しておりますし、「悟りおたく」と周囲に呼ばれるほど、なんでも意識(気づき)やその応用などの話に結びつけて会話をしてしまうク セがありますので、友人達には「またその話?」と煙たがられます。

つまり金儲けの仕事・商売でやっているセミナー会社ではなく、天職だと思っている研究者タイプなのです。

私が発見した限定解除メソッドと気づきのワークはこれらの問題を解決します。

指を置くだけで?

あれは3年前、海外のユーチューブを観ている時でした。
欧米で人気になっている量子力学的手法のヒーリングと言われている動画でした。

ヒーラーはクライアントの眉間に指を当て、もう片方の手で肩に軽く触れます。
数秒すると、クライアントは微笑んだり、驚いたような顔をして肩や腰が楽になったというコメントをしていました。

最初は・・・「なんで指を軽く当てているだけで症状が緩和するのだろう?」

と思いましたが、もう一度よく見てみると理由がわかりました。

実は手の形や指を置く場所は関係なかったのです。

手や指を置く場所ではなく、施術する側の意識状態が違っていたので す。

私は瞑想オタクなので、中学生の頃から意識の探求を行っていますから30年以上のキャリアがあります。

ですから、その海外の動画を観た時に施術する側、つまりヒーラーの意識モードがだいたいわかるのですが、その意識状態は私に馴染み深いものでした。

その意識状態とは、気づきをともなった瞑想状態だったのです。

気づきの瞑想状態とは?

実は一言で瞑想といっても色々な種類があります。

専門的な話しは細かくなりすぎますので、ここではお話しませんが、一般的に瞑想や禅というと目を閉じて座るというイメージがあると思います。

実は目を開けて気づきの状態を深める瞑想というのもあり、チベットのゾクチェンですとかお釈迦様が教えたと言われる上座部のヴィパッサナー瞑想などは目を 開けたまま気づきの力を高めます。

最初は私も理解出来ませんでした。

10代の頃、TM瞑想というマントラ(音)を使った瞑想を習って以来、瞑想とは目を閉じてやるものだと思っていました。

ですから、最初に気づきの瞑想を行った時にゆっくりと歩行しながら瞑想するのですが・・・

「なんでこんな退屈な事をするのだろう?」

と思っていて退屈でしょうがありませんでした。

しかし、実践を積んでいるうちに気づきの感覚が目覚め始め、全ては気づきとも呼ぶべき『ある状態』から成り立っているということが認識出来るようになりま した。

目を開けたままで至福意識

気づきの力が高まってくると、次のようなメリットあなたに起こり始めます。

    * 目を開けたまま至福とも呼ぶべき状態 がやってくるようになる

    * 環境や人間関係のプレッシャーにリア ルタイムで対処出来るようになる

    * 自然治癒力が高まり健康になるだけで なく、他者へのヒーリング能力も発露する


この気づきの状態の感覚が目覚めてくると、目を開けたまま至福とも言える状態を味わえるようになります。

いままで、目を閉じて瞑想しなければならなかったものが、目をあけてお茶を飲んでい る時や歩く時にも瞑想に入れるようになってくるのです。

会社では目を閉じて瞑想する事ってなかなか出来ないですよね?

私にも経験がありますが昼休みに寝たフリをしながら瞑想するか、狭いトイレの便座で瞑想するしかありません。

しかし、気づきの状態でいられるようになると話は別です。

意識のポイントをある部分に移行するだけで、静寂な状態に包まれたり至福感がやって きたりします。

また、気づきの力が高まってくると、日常生活で受けてしまう様々なプレッシャーや他 人からの心ない言葉の攻撃にその場で対応出来るようになります。

暴走する感情エネルギー

私達の悩みの50パーセント以上を占めるのが人間関係の悩みではないでしょうか?

会社の人間や家庭、もしくは友人知人などから発せられる心ない言葉はあなたの胸に突 き刺さります。

その突き刺さった言葉は相手から言われた時だけでなく、何時間も、ことによると何年もあ なたの中に残り続けます。

「なんであの時、あいつはあんな事言ったんだ」
「チクショウ!バカにしやがって!」

ふとした拍子に怒りがこみ上げてきます。

また、「私は怒りはほとんどありません」

という人も中にはいますが、その場合、エネルギーが足りなくて怒りを外へは向けない けれども内へ向ける傾向があります。

そうすると・・・・

「私はなんてダメなんだろう」
「どうせ自分なんて。。。」

のように罪悪感や後悔などの形で残り続けます。
なぜ、このような事が起こってしまうのでしょうか?

色々と原因はありますが、一番の原因は気づきの力が曇らされているか らです。

夢遊病患者

あなたは夜、寝ている時に夢を見ると思います。

もういい大人で会社に行っているにもかかわらず、学校で試験を受けて受験に失敗する夢だとか、中学時代の失恋した場面に夢で戻っていて、悲しくて しょうがなかったりとか。

でも、目が醒めると・・・・

「なんだ、夢だったのか」

と思います。

もう子供ではなく大人ですし、一瞬にして悩み(夢の世界での出来事)は消えて無くな ります。

これは、目が覚めて気づいたからです。

目が覚めて気づいた事により、夢を見ていたんだとう事がわかったから、夢(悩み)が自然と消えたのです。

私達の日常はいわば、起きたまま夢見ている状態に近いものがあります。

現実には起こっていないにもかかわらず、頭の中の妄想や勘違い、感情のアップダウンで右往左往しているのが現状です。

言ってみれば私達は夢遊病患者なのです。

「いやいや、私は起きているし夢遊病なわけないでしょ」

と思うかもしれません。

例えばこういう事です。

スポーツカーを見てムカつく

例えば、あなたは休日に散歩していました。
天気も五月晴れで非常にいい気分です。

「ああ〜 爽やかな休日だな〜」

と思いながら、散歩をしていました。
その時、前からBMWのオープンカーが走ってくるのを目にしました。

「・・・・」

あなたはなぜか、非常にイヤな気分になってきます。
ムカムカしてきます。

「あ〜〜 なんか気分悪い 腹が立ってきた」

あなたは思い出しました。

学生時代に好きになった女性がいました。

誰にでも好かれるタイプの美人で背は165センチぐらいで色白できめの細かい肌が眩しい女性でした。
仲良くなる事が出来て、半年間付き合いました。

ところが、ある日、見てしまったのです。
BMWのオープンカーの助手席に座り、チャラチャラした男と仲睦まじく楽しげにいる所を。。。

結局、その女性は当時、貧乏で車も中古の国産車だったあなたをフリ、外車を乗り回している金持ち風のチャラ男のところへ行ってしまったのです。

「クソッ 結局世の中金なのかよ!」

暗く煮えたぎった青春時代を思い出したわけです。

脳内Google検索

今の例ですと、車を見た事がフックになり、脳内の負の思考と感情がスパークし て回り始めてしまったわけです。

実は私達の日常はこのような事だらけなのです。
ちょうど、脳の中でGoogle検索をしているイメージです。

先の例で言えば、あなたの脳内バーチャル空間に「BMW」と入れると・・・・

    * 学生時代に付き合った彼女

    * 彼女との楽しい思い出

    * それ以上に辛い残念な思い出

    * 結局、世の中金なのかという思い

    * それがきっかけとなって、決めた就職先

    * 高給だが、非常にプレッシャーが高い日々

みたいなものが検索結果としてズラ〜〜と下に羅列されるわけです。

その一つ一つの検索結果が再現されているわけです。

ここで、一番の原因は気づきの力が曇らされているからですという話し が先ほどありましたが、それはどういう意味なのでしょうか?

酔っ払った脳

金曜の夜、飲み屋街でグダグダになった酔っぱらいを見た経験があなたにもあると思います。

酔っぱらいの特徴として・・・

    * 同じ話を何度もする

    * 人にぶつかったり、手足のコントロールが雑になる

    * 酒を飲んだ時の事をよく憶えていない


などの特徴があるかと思いますが、一言で言えば・・・・

『気づきの感覚が曇らされている』

という事が言えます、これは先の夢遊病の例と同質ですが気づきの力が落ちているからこそ、何度も同じ話をしたり、次の日に飲んだ時の事を憶えていないわけ です。

実は我々の脳はアルコールを飲まなくても、寝て夢を見ている状態でなくとも、疲れていたり、何かに気をとられて「ボー」としている時に気づきの力が落ちて いる時があるのです。

その気づきの力が落ちている時に悩みの思考や感情のループにハマったり、脳内Google検索結果の一つ一つを脳内サーフィンしてハマってしまって苦しい 状態に自ら落ちていってしまっているのです。

このように夢遊病患者や酔っぱらい状態の脳というのは、その時に不快なだけでなく、 あなたの人生の大事な場面での地雷元になってしまい、悪い方悪い方へと選択する事になってしまいます

このチキン野郎

バック・トゥ・ザ・フューチャーという映画がありました。
あなたも映画を観たかもしれませんが、マイケル・J・フォックス演じるマーティは・・・

『このチキン野郎』

罵倒されるとブチ切れてしまい、数々の失敗を映画の中でしてしまい ます。

マーティは基本的に真面目な常識人で、奇天烈な言動の多いドクに対して度々ツッコミを入れる役割も担っている。

一方で挑発に弱く、特に「チキン(腰抜け)」と呼ばれるとすぐカッとなる気質であ り、全編(特にPART2以降)を通して窮地に陥っている。

その短気が理由で1985年にロールス・ロイスに接触して自動車事故を起こすことがPART2で語られており、2015年ではその後遺症のためミュージ シャンの夢を絶たれ、17歳当時からは想像もつかないほどぎこちなくギターを弾く姿が見られる。

おそらく家庭崩壊の原因もそこにあると思われる。しかし全編を通した 経験の結果、PART3ではその短気を克服し、明るい未来の可能性が示唆されてい る。

バック・トゥ・ザ・フューチャー Wikipediaから抜粋

バック・トゥ・ザ・フューチャー3でのシーンを憶えてますが、3に至ってようやくマーティは「チキン野郎」と罵倒されてもカッとなって衝動的に行動してしまうところを克服して明るい未来を選択していました

負の連鎖

このように気づきの力が弱いと・・・・

    * ふとしたキッカケで落ち込んだり悩ん だりしてしまう

    * または腹が立って相手にぶつけないまで も心の中でムカつく

    * 反応パターンに巻き込まれて大事な場面 で失敗してしまう

などのデメリットがあなたに降り注いできます。

「言われてみれば・・・・」

もしかしたら、あなたはこの文章を読んで実感しているかもしれません。

また、それはココロの問題やアンラッキーな物事の選択だけにとどまらず中長期的には 健康を蝕まれ鬱や成人病になりやすくなるという深刻な事態にもなりかねません。

では、いったいどうしたらいいのでしょうか?

複雑に考えると複雑な答えが出てきますが、シンプルに考えるとシンプルな答えが出てきます。

簡単に言えば気づきの力を高めればいいのです。

ネガティブエネルギーを除去する方法

気づきの力を高めるとはどういった事でしょう?

簡単な実験をしてみましょう。

シンプルな実験ですが、この方法をマスターするとあなたは自分ひとりの力でネガティ ブな感情やエネルギーを心や体から除去出来るようになります。

ですから、面倒くさがらずに是非、これを読みながらやってみて下さい。

簡単な4つのステップでネガティブなエネルギーを除去していきましょう。


ステップ1
嫌な事をキーワードとして思い浮かべる

あなたが嫌いな人や出来事を思い浮かべて下さい。

    * 会社や家庭で言われた嫌な一言

    * 政治や社会に対する不満

    * 今まで体験した嫌な思い出


など、なにかしらイラッとした事や不愉快な出来事ってあると思います。

思い浮かばない場合は、最近、あなたが友人や家族に愚痴を言った事でもいいですし、テレビのニュースを見ていて不愉快に思った事でもいいです。

練習ですから、物凄いトラウマに取り組むのでは無く、身近なネガティブな感情を一つピックアップして下さい。

例えばですが、次のような感じです。

『上司の木村(仮名)課長にいわれた◯◯に私は納得出来ない』

『私がこんな風になっているのは、田中(仮名)が言った◯◯という言葉だ』

『私達が苦労しているのは、政治で◯◯がいい加減な事をやっているからだ』

『私が嫌な気分になっているのは、◯◯が◯◯したからだ』


このような感じで自分が嫌だと思っている事や怒っている事を明確にして、キーワードとして書き出して下さい。

『私は同僚の田中が嫌いだ、なぜなら、私の事を軽く見ているからだ』

という感情や言葉をチョイスしたとしましょう。

感情の波動を味わう

その嫌な場面を思い出して下さい。

ステップ2
感情として味わう

出来るだけリアルに、まだあなたが解決していない問題。

ふとした拍子に思い出して、ムカついたり落ち込んだりしてしまう人や現象、事柄を言葉にして思い浮かべ、その感情を味わって下さい。

それはどこで感じますか?

腹部が緊張する感覚?

胸がムカムカする感覚ですか?

それとも、全身が締め付けられる感覚ですか?

この時のコツをお話しましょう。


※ 重要 感情を消去するコツ そ の1 感情をオープンに味わう

もしかしたら、あなたは今までに・・・・

「ポジティブな事だけを思い浮かべてください、ネガティブな事は考えないようにしましょう」
という話を聞いた事があるかもしれません。

確かにその通りだと思います。

しかし、家の中が汚れていたら掃除しますよね?

例えば、ご飯を食べている時にドレッシングがドバーッとこぼれてしまってテーブルが油だらけになったら、そのままにしないで拭き取ると思いますし、部屋の 中で生ごみの腐臭がしていたらそのままにはしないと思います。

オープンに感情だけを味わう

ですから、ポジティブな事だけに意識を向けるのも一つの方法ですが、それで上手くいってない場合はネガティブの清掃をした方が良いでしょう。

つまり、ネガティブな感情に気づきの光を当てるわけです。

ステップ3
感情、波動だけを味わう

感情を呼び起こす為に嫌な人や場面、事柄のキーワードを思い浮かべるとう話でしたが、感情のバイブレーションを再現したら、その物語は脇へ置いておいて感情の波動だけに意識を向けて下さい。

仮にムカムカする感じがミゾオチに出た場合、その肉体感覚だけに気づいていて下さ い。

なぜ、肉体感覚だけに気づくかというと、純粋にそのエネルギーだけここでは味わいた いからです。

つまり、あなたに起こった嫌なストーリーから感情ネルギーだけ分離して、ネガティブなエネルギーにだけ気づきの光を当てます。

※ 重要 情を消去するコツ その 2 努力して消そうとは思わない

また、コツとしては感情・波動だけを味わう為に感情を消そうと思いながらやらないことです。

忘れようとか、その感情を消そうと意図する事は、純粋にそれに向かいあえていないと いう結果になりがちです。

ただ、空の雲をみているように

ですから、消そう、消そうと思ってやるとかえって逆効果です。

意図の設定としては・・・・

「消えても消えなくても どっちでもいいや、ただ、味わっていよう」

という意図を持って下さい。

ちょうど、空の雲を眺める感じです。
または通りの車の流れを見ている感覚です。

ステップ4
ただ観る事によって、変化を感じる

ただ、その感情のバイブレーションを感じる事によって、変化があらわれてくるでしょう。

通常は一時的にネガティブな感情は強く明確に感じられた後、段々と弱くなります。
また、場合によっては消滅してしまいます。

これは、気づきの光が当たった事により、心の底にあったエネルギーが解放されて変容 された為です。

なぜ解放され変容されるかと言うと・・・

観察という行為によって、その感情と距離が出来たからです。

また、距離が出来た事により、その感情自体の自然なサイクルが展開し始めたか らです。


※ 重要 感情を消去するコツ そ の3 考えこまないで観ているだけ

この時に頭でアレコレ考えないで下さい。

自然と解決策や問題となった根っこの原因がひらめく事はありますが、努力して考えこんだりしなくていいです。

ちょうど、蚊に刺されるたら肌がカユイと思いますが、それくらいの感覚で感情も見ていきます。

私達が悩みや苦しみの思考や感情、感覚に対してドンドン追加して思考や感情を追加し ているから消えないのです。

その思考や感情に執着して一体化しているから、消えないのです。

そこから離れて、客観的に視る視点に後退して観察する事により、思考や感情は空の雲 のようにそれ自体のエネルギーで消滅していったり変化していきます。

ヴィギャン・バイラヴ・タントラとは?

どうでしたか?

感情に気づきの光を当てて除去する方法は実感出来ましたか?

この方法をマスターすると、日常生活で嫌な事があった瞬間にリアルタイムで対応出来 るようになります。

その結果、人間関係はもちろん、仕事でも余分なエネルギーを消費しないで大事な事だけにフォーカス出来るようになるので、業務の効率もあがる事でしょう。

「う〜ん なんとなくは出来た気がするけど、自信が無い」

もし、あなたが今行った感情に気づくレッスンでこのような感想を持ったとしても大丈夫です。

気づきの力を高める為に今回は5千年前のインド・カシミール地方に伝わるヴィギャン・バイラヴ・タントラという経典に書かれた技法で練習していきます。

ヴィギャン・バイラヴ・タントラとはシヴァが妻のデヴィに語ったとされるもので112の技法が紹介されてます。

その112の技法では、様々なタイプに応じた気づきの力を高めるメソッドが網羅されております。

    * 呼吸の観察により気づきの状態へ至る 技法

    * 体の感覚を使う技法

    * 音を使う技法

    * ハートを使う技法

    * 空間を使う技法

など、あなたに合ったタイプの技法で気づきの力を高めるレッスンが出来るように112の技法の中からいくつかピックアップして解説し、一緒にレッスンして いきます。

限定解除とは? コピー&ペーストの場合

このプログラムはヴィギャン・バイラヴ・タントラの解説、レッスンだけではありません。
実はこういった瞑想や技法などをただ単に実践しても効果が無い場合がほとんどです。
なぜなら、その根本的原因が明確にされていないからです。

根本的原因とは・・・・

気づきというもっともあなたの本質である「それ」がなぜわからなくなってしまってい るのか?

ということです。
その気づきに気づく事を限定している条件を解除していきます。

これにより・・・

「なんで、今までわからなかったんだろう・・・」

という事が理解されるかもしれません。

限定解除というのはこういう事です。

例えば、あなたはパソコンを一番最初に使い始めた時にコピー&ペーストというのを知らなかったかもしれません。

その場合は今まで紙に鉛筆やボールペンで書いていた時の習慣から、文字を引用する時など一字一句同じ文字を打たなければならないと思い込み、実際にそうす るでしょう。

つまり・・・『文字は全部書くもの、打つもの』

という限定されてた思考や行動パターンがあったわけです。
しかし、ある時、気がつきます。

「どうやら、コピペというものがパソコンでは出来るらしい」

という、文字は全部書かなければいけないという思い込みが解除されるわけです。

そこで、初めてパソコンにもともと備わっていた・・・・

コピー(Ctrl+C)/貼り付け(Ctrl+V)

という機能が覚醒するわけです。

つまり、文字はコピー出来るという概念に書き換えられた事により、『文字は全部書くもの、打つもの』という概念が解除されたわけです。

能力の限定解除

今のはパソコンでのコピーでの例えでしたが、同じ事があなたの能力についても 言えます。

あなたの能力は生まれてから今までに受けた影響、情報、様々な概念によって制限され ているのです。

その制限により、様々な可能性が封印されていますが、気づきの力も同じように封印さ れています。

今まで、色々な瞑想やスピリチュアルなメソッドを実践しても、イマひとつ効果が無かったのは封印されたまま頑張ってしまったからかも知れません。

この封印を破る為には、言葉を使ってあなたにかかっていた封印を解いていきます。

先ほどのコピーの例で言えば・・・・

「コピーはCtrl+Cを押しながらコピーしたい文字を選択して下さいね」

というように、気づきの感覚を目覚めさせる為に、今まで邪魔になっていた概念を限定 解除によって崩していきます。

気づきの領域からのヒーリング

また、気づきの感覚がわかってきますと、自然とヒーリング能力が発露します。

自分への癒やしはもちろん、他の人へのヒーリングも可能ですし、それは距離を超えて 働きますので遠隔ヒーリングなども出来るようになります。

また、ヒーリングしたからと言って、あなたが疲れてしまうわけではありません。

なぜなら、自分のエネルギーを使っているのではなく、気づきという根本的なパワーが働くからです。

なぜこのような事が可能かという事も、このマニュアルでは解説しています。

この方法をマスターすると、友人や家族が調子悪い時に手軽にヒーリング出来ますので、やってあげるととても喜ばれます。

また、ネガティブ感情の除去のレッスンは先ほども行いましたが、さらに詳しいやり方も解説、レッスンしていきます。

感想・レビュー

それでは既に実践された方の声をご紹介いたします。

フォーカス・リバース・オール法は感激しました

気づきの参考書 ヴィギャン・バイラヴ・タントラ編を読ませていただきました。
力作ですね!読んでるだけで、きますよ〜。
ワークとか人によって合う合わないがあるでしょうが、私の場合はこんな感じでした。
 
先ず、一通りざっと読んでの感想は

・読みやすい、わかりやすい、ワークの実践がしやすい。
・いろんな教えやメソッドがコンパクトにまとめられている。
・親切、気配りできていて、セミナーで対面してる感じに近い。
・○○よりもフランク(?)で身近な感性なので日本人に合っている。
・情報をここまで書いちゃうのねと正直なことろ驚いています。

もう一度読み返してワークしてみてからは

 ・限定解除の「海水」や「大地」のたとえがイメージしやすい。ナーマルーパに捉われると、たちまちわからなくなるので、繰り返し限定解除に返 るのは、ぶれなくて良いと思います。
 
・ワークはどれもやりやすくて、実際にやるとその状態になります。特に呼吸は基本でしょうか。眉間への集中は色や光に意識が向いてしまいがちですが、全体 に体感ありました。

・カット・ウォーキング・メディテーションをはじめサティを入れる系は、時間と集中力を要する分、始めるのに気合いがいりますが、実際に体感するので納得 できます。

・頭がない技法のリードはハーディングのよりも私にはしっくりきて、広がりを感じやすい。(111Pの)「純粋に自分の経験だけ「体験」すると」のところ は、もう少し表現を加えてほしいような気がします。

・(124Pの)「目覚めた瞬間を察知」ですが、普段、目覚めと入眠時の両方やってますが、私の場合どちらかといえば眠りに落ちていく微睡み状態の方が狙 いやすいです。

・音による技法での、「あ」が字面でイメージしやすいし、逆ベクトルはすんなり入りやすいです。

・日常生活応用編は全般に使えますし、具体的で良いと思います。

・フォーカス・リバース・オール法は感激しました。アドヴァイタを説く人たちもこんな感じで書いてもらえたらと思いました。

とまあ、アットランダムにこんな感じでしょうか。
ワークとか内容が沢山あるので、書きながら少し混乱してるような気がします。

外側に広がっていって一体感を感じる方法と内側に深く入っていって「それ」を感じる方法がバランスよく紹介されてるのも良いと思います。

お役にたてたかどうか定かでないですが。
ではでは〜

PS

読んでるだけというかPDF開けてるだけで、そうなりますよ。
パワー放ってますよ、凄いですね〜

わずかのメソッドを教えるのに2、3日かける高額セミナーや見性したその境地からしか語らない講演会とかが多い中、読み手のニーズをよくわかった上で親切 丁寧に説明されているので、とても良心的だと思いました^^ 言葉にできない微妙なニュアンスをわかりやすく表現していくのは、至難の技だな〜と感心します。

O.M さんより。

「気づき」がむこう側からいつのまに浸透してくる

最近のアドヴァイタ系の情報の氾濫のだいぶ前より、どうやら「気づき」というものが「それ」に目覚める最大のポイントだということはわかってはいた が、「気づき」と一言にいっても、本当の意味で理解するのは難しいと思い込んでいた。

さまざまな覚者が口をそろえて「気づき」はいまここのプレゼンスそのものであってシンプルなことです、と言いはするものの、気づき自体を概念を交 えずに直接的に理解するにはやっぱり相応の修行が必要なのではないかと半ばあきらめかけていたときにこの「気づきの参考書」に出会った。

kojiさんの指南は気さくでありながら透明感のあるエネルギーに溢れていて、読み進めるうちに「気づき」がむこう側からいつのまに浸透してくるようだっ た。

日常的な例えと簡単なワークを織り交ぜながら「気づき」についての思い込みを解きほぐしてくれる手腕は概念的な説明に終始する数多の情報とは一線を画する ものであり、読み手が実際に変容することを願う愛に溢れたものとなっている。

B.Aさんより

観てる意識を観ていなかった!

一週間といいながら、あっという間に一週間がすぎていました。
大切な教えをお預かりしていたのに、本当に失礼しました。

数回全て読ませていただき、ピンときた実践もしてみました。

感想というか、強烈に受け取れたことを一言で表現すると、『自分が盲点だったんだ!』と知ることができました。

ただただ観ること、ただただ知ること。
自分を知ること=自分を観ること=両方を観ること、それが全てを知ることなんだと深いところで感じることができました。

観てる意識を観ていなかった!

神への献身、カットウォーキングメディテーション、空間の技法、フォーカスリバースオール法、気づきのレベル、概念と言葉の設定

この組み合わせで意識を超えた意識の存在である自分(全ての空間)から、日常生活を送れそうです。
認識できない位置から認識し合っている世界を俯瞰する意識を超えた意識に戻ってから、ここから・・・・

〜〜〜〜
一部省略
〜〜〜〜

みている存在、みられている存在、そのどちらもみている認識=意識=自分で、ここから新たに生きはじめようと思います。

対を絶つ世界はそこにあるのでしょうね!
本当にありがとうございます!

〜満ち足りた空間をあなた自身の身体としなさい〜

この詩で全てが自分である感覚になり癒され満たされました。

この資料は一生の宝物です\(^o^)/

また変化があればご報告いたします


☆読んでいてわかりにくかったところ

個人的にわかりにくいところはありませんでした。

ただ、フォーカスリバースオール法の俯瞰する視点の感覚は、頭で理解してしまうと妄想で視点の位置を作り出してしまう可能性もあるだろうなと感じました。

善悪を判断するジャッジの目で世界をみる脳をつかっている限りは、ただ観ることは難しいだろうなと。

なので、フォーカスリバースオール法は同時に存在を感じるための方法を日常生活で実践していくことが必須だろうなと感じました。

☆わかりやすかったところ

○ 目の奥にいる自分
以前検査をしたときに、間脳の断面図がハート型だったのをみて、これがそれ?と思った記憶を思い出しました。

○ 根っこを使った気づきの説明

○ 連なる感情群

○ フォーカスリバースオール法のポイント
認識できてる以上あなたではないという説明がすごくわかりやすいです。
フォーカスリバースオール法のページが、1番リアルに感じる内容でした。

○ 気づきのレベル状態の図
いま、自分がどの位置にいるか理解できるようになると感じました。

○ 言葉の幻想性
○ 概念と言葉の設定の魔術

正直、全部すごくわかりやすかったです。
スゴイと思います。


ご活躍を応援しています(^-^)/


F.S さんより。

重力を無視して青空に

・・省略・・・

読み上げてしまいました。

紙媒体にしたい位です。

・・省略・・

ワークの相性ですがハートが合いました。
 
バカではないと思うのですが、読んでいても響いてくる部分とスルーするフックのない言葉とがあるんです。

大概、時期ではないから理解できないんだなと思っています。 
脳天気です。


色々なタイプの読み手がいると思うので良い構成だなと思いながら読み進めました。

好きなワークは、夏の青空の奴です。あれは実際にバイクで似たような体験したことがありました。 

でも、さっき 重力を無視して青空に身を投げ出したら、、、なんなんだ!です。
   
今日の体験は、あの文章で起きた私の中の化学反応です。
 
エキサイティングでした。

道に迷ってる時、
何かモヤモヤしてて
停滞している時
手にして見ると良いかと。

誘導がスムーズなのが特徴です。

抜粋された詩は興味をそそられますし、その詩は解説で深く感じたり、理解したりするきっかけとなりそうです。

B.M さんより。

濃厚!(笑)

・・・省略・・・・

2)読みながらの感想
 
P7    「シヴァがデヴィに向けて語ったといわれる」
  と、これを読んだだけで何だか感動して涙目になってしまいました(笑)
   
P14    水についての話で、
 「むすぶ手のしずくに濁る山の井のあかでも人に別れぬるかな」(紀貫之)
         の閼伽を思い出しました(笑)
 
P30    山口さんの例えが・・・笑いました。
P103   コロンビアのマフィアの例えが・・・笑いました。
 
     二つとも余りに極端な事例で(笑)でも、こういうほうがインパクト
ありますよね。自分の授業(塾教師です)の事例などを考えさせられました。
 
P154   このレポートの中で一番難しく感じました。多分、よく理解できていないです。
 
3)全体としての感想。
 
○     最初の限定解除がとても丁寧で、良かったです。自分が見ているスクリーンが自分の本質だ、というお話が琴線に触れました。ただ、この部分はすでに解除され ている方たちから見れば難しいことではなく、そうでない方たちからすると、難しいというか納得できないというか、何かしら引っかかるのでは、と思います。 いずれにしても対象となる方たちの意識レベルで、受取り方も変わるのかもしれません。
 
○     本編は内容的にもボリュームがありますよね。最初に読んだ感覚では、初めから全部は把握しきれないというか、自分の意識レベルの範囲内で、理解している、 という感じです。多分、二度三度と読めば、また変わってくると思いますし、ワークを実際にやることで、変化もあるのではないかと思います。
 
○     最後に感情への対処法があるのも良かったです。これも基本編なのかもしれませんけれど、とても助けになると思います。ここの部分を最初に持ってきて、準備 編、とすることもできたと思うのですが、それはそれぞれの方の意識の状態で、必要とする方が使う、というまとめ方なのかな、と思いました。
 
○     個人的には、最初の「呼吸法へのフォーカス」と「カット・ウォーキング・メディテーション」が良かったので、自分の生活に取り入れてやってみます。最近、 「オーム・カーラ」を始めてとても良かったので(4つ目の音、静寂が何とも言えずに良い響きです)、ウォーキングもマントラの方が入りやすいかもしれませ ん。

 ワークについての感想は、またお知らせします。

4)その他
 
実は、このレポートの枚数を見て、最初に仰天してしまいました。
30枚くらいのものだと思っていたので・・・

その上、導入から何やら本格的で凄そうなので、私がこれを読んでいいものかどうか、
ちょっと困惑して○○にお伺いをたてたら、自分にとって良いものだ、という直観がありました。

多分、たくさんの人の「気づき」についての助けになるのではないか、と思います。
 
私自身にとっても有意義なものを読ませて頂いたこと、感謝です。
ありがとうございました。

PS

リアルさん、早速ヒーリングの章も読ませて頂きました。

濃厚!(笑)

この部分だけでも凄いですね。

QEの別途解説のような、深いお話でした。

これはこの章だけでなく、リアルさんのレポート全体に言えることなんですけど、情報の全体的な視野と、
一方では情報リテラシーというのでしょうか、情報を情報として使いこなすためのアドバイスが満載ですね。

この連休は忙しくて、やっと昨日、「気づきの参考書」の2回目を読ませてもらいました。

実は連休中は一段と忙しくて、家族の用事に翻弄されてキリキリしていたのですが(笑)それが溶けていくようにすーっとして、物凄い開放感を味わいました。

前回は初回、ということで言葉にとらわれていたようです。

それと、ワークをどうやればいいんだろう、っていう思考(マインド)が先行していたのかもしれませんね。

読みながら、ワークを試してみたりとかはしないで、ただ読んだだけですが、すごくリラックスできました。

同時に「気づき」に触れている、という感じもありました。

そうやって気づいてみると、呼吸法についても、「〜ねばならない」的に、真面目に考えてやっていた
ように思いました。もっと肩の力を抜いて、自然に自分の生活に取り入れていこうと思います。

というか、私にとっては「気づきの参考書」を再読するだけでも、新たな発見がありそうです。

ということで、ありがとうございます。

あ、音声もとてもわかりやすかったです。

H.H さんより。

実践し個人的には幸せを感じます

この度はヴィガャンバイラブタントラを拝読させて頂き誠に有り難うございました。
さて読後感ですが、自分にとってはたいへんありがたい内容でした。

ヴィガャンバイラブタントラの解説の体をかりつつ、気づきとはなにか、「それ」とはなにかが誰でも実践をとおしてスムーズに理解できる内容となっていると 思います。

加えてカシミール5千年の歴史とくれば、その神秘性とあいまって非常に有り難く感じます。名称もカッコよすぎですね。

実際の取り組みとしての内容としては、最初のアーナパーナにも通ずる呼吸のところをはじめ、シンプルだと思いますが、気づくためは何もしないと言われるが 如く、だからこそ素晴らしいと思います。

エンパシーのところや、グラウンディングのところもリアルさんのおまけという感じでイイですね。

生活のなかで実践し個人的には幸せを感じます。と書くと嘘っぽいですが、ワクワクしつつとても落ち着いたかんじです。そのメカニズムを思考で解説するのは 必要ないと感じます。

この感覚は悟りや覚醒は必要ないという、つまり充分みたされているという感じです。

もし書籍ででてもぜひほしい一冊だと思います。

スイマセン。子供のころの読書感想文以来こういうことかいたことがないのでこんなことくらいしか書けませんがお許しください。

これから何度も読返すこととなると思います。有り難うございました。

今後とも宜しくお願い致します。

T.H さんより。

英語に翻訳して本として出版出来れば海外で人気が出るだろう

この書の題名から見るといかにも気難しい内容に感じるが、とても読みやすく素直に理解でき腑に落ちる内容である。

昨今「気づき」に関していろいろな本が出回っているが、ここまでシンプルプロセスを具体的に書いているのには正直驚いた。

極端ではあるが、そこいらの悟りのさの字も興味のないキャバ嬢やパチンコ打ってるに〜ちゃんにも(失礼)理解できると思う書である。

つまりここで書かれていることは、「あ・た・り・ま・え」が前提にあるのだ。
しかし決してうすっぺらいものではなく、とにかく納得する不思議な書だ。

ユーフィーリングや禅、アジズ、クリシュナムリティー、和尚、ラマナマハリシ・・・・などを熟読した人でも新しい気づきが起こるであろう。

ただこの書だけでは「気づきの奥義」とは至らないかもしれない。敢えて言うなればこの書は「スタート地点に立つことができた。」と別名してもいい。

あとは、合図のピストルがなりゴールを目指して走り続けるだけだ。

まさに、今の時代にあった書である。

英語に翻訳して本として出版出来れば海外で人気が出るだろう。

K.N さんより。

限定解除はすごくよかったです

・・・・省略・・・・

内容について。

限定解除はすごくよかったです。
正直言って、このコンセプトがkojiさんの特徴では?
従来のメソッドで触れていない重要なポイントが書かれていると感じました。

・内容について。

気付きとか目覚めとか…いろいろいわれている感覚って何なのかと私も思っていました。
このレポートはそのあたりの説明がとてもわかりやすいですね。
kojiさんは、情報を広く集め、それを再度自分自身の言葉で俯瞰的に解説するのに長けていらっしゃるのでしょうね。
 
実用的で役に立つマニュアルになる」と感じながら読ませていただきました。

PS

その後、やりやすいものを少しやってみました。

自分にとってはバクティが馴染むので(レポートを読んでいるときからピンときていました)、日常意識にバクティ的要素を取り入れてみるとか…。

あと、マインドに押し流されるのを動作で切る(レポート中では歩行を使っていました)のも何かと便利でした。

夫と口論しそうになったらコーヒーを入れてかわしたり 笑

「レポートを実践しよう」と思っているだけで観察意識が高まったようです。

あと、レポート内容とは関係ないですが、この手の練習はどれくらいずっと意識を置いておくことができるかがポイントだと思うので、クローズドなSNSとか 掲示板で、いっしょにやっている人たちと意見交換ができたらもっと体験が深まるのに…と思いました。

こんなかんじです。

M.Mさんより。

仕事から帰って一気に読んで、朝になっていました

リアルさん、始めまして。
○○と申します。

本日、ヴィギャン・バイラブ・タントラ編を早速読ませて頂きました。

勇気がいりましたが、本当に参加して良かったです〜

仕事から帰って一気に読んで、朝になっていました。

私は、不二一元論の本を色々読んできて、一年程前から瞑想したり、ダグラスハーディングの手法を試したりしています。

それに伴い、少しずつ認識の変化やこれまでの価値観が変わってきたせいなのかはわかりませんが。

微熱が続いたり、尋常じゃない不安や激しい落ち込みが長く続いたかと思うと、神様大好き!みたいになったり。

バランスを崩していたので助かりました。クラウンディングは大切なんですね。

思考を観察しているつもりが巻き込まれていることも多いので、カット・ウォーキングメディテーションは通勤時間などを利用して、即やろうと思います。

リアルさんが長年培ってこられた知識や経験を、こんなにお安いお値段で教えて下さってありがとうございます。

お陰さまで、やっぱり神様大好き って今、感じます。バキバキです 。

涙が出ます。
 
何より、実生活で気づきの継続時間を増やして行けるのが良いですね。
今日からの実践の日々が楽しみで仕方ありません( ^ω^ )
本当に、このシリーズ(?)を出して下さってありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

H.Iさんより。

昨日の夕方から至福感がやってきました。

・・・省略・・・

おととい寝る前に一時間半かけて読みました。

実はわたしは「○○○」の言葉がなぜかとてもブロックになっており、リアルさんを通して初めて聞く単語で、ブログやメルマガで何度も使われているけど○○ の○○ないし…と、アウェアネスオブ〜には素直に入れませんでした。(率直ですみません)

○○の定義した○○という言葉でなくてもいい、ナチュラルプレゼンスとでも…とも説明なさってたのに、じゃあそちらの呼称にしてくれればいいのに、、と思 うだけでなぜか切り替えられなかったのです。

ですのでこちらのヴィギャン〜で、まず言葉の限定解除から始まることが、たしかにそれわたしに必要!とおもしろく思いました。笑

そしてこちらではわたしのような頑固者対応^^;でいろんな表現がしてあり、なじみのある 気づき、サマディや、それと指し示してあったのは助かりました。

意識を拡大していくのではなく元々広がっている
そこに入るのではなく元々の状態に気づく
結果ヒーリングまで起こる

この三点が主旨でしょうか?

わたしは大事なところを取りこぼしてますでしょうか?(・・;)

まだワークの実践は呼吸の観察しかしておらずその価値は実感できていないと思いますが、ただ、この三点を知ることができたというだけで既にとても幸せでと ても満足しています。
シンプルに繰り返し説明してあり、とても染み入りました。

この知識を得た喜びなのか、読むだけで浸透するというリアルさんの意図があったからなのか、簡単な呼吸観察ワークの結果が遅れてやってきたのか、昨日の夕 方から至福感がやってきました。

これまでもたびたび、この「イイ感じ」がどこからともなく訪れてはいますが、今回はより深くそれを味わうこともできました。

このイイ感じが、気づいたら訪れるのでなく、いつでも呼び寄せられるようになるなんてステキです!

イイ感じからほど遠い、ささくれた「ヤナ感じ」が訪れることもあります。

そんな時素早く切り替えられるようになるなら人生変わります。

そのためにはワークワークでしょうか?

90日間にぜひマスターしたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

そしてその知恵を分け与えていただき、ご指南いただけることを感謝します。

U.R さんより。

敷居を、言葉による幻想性によってものすごく上げてしまっていた

・・・省略・・・

2の段階が○○というのには、正直驚きました。

一連の本には○○は歓喜だとか、恍惚だとか書いてありましたので、「神様〜〜!!」という感じ(悟りに近い領域)がないと○○ではないのでは、と思い込ん でいました。

○○といってもいろんな感じ方があるのですね。
○○の敷居を、言葉による幻想性によってものすごく上げてしまっていたようですね。

大切なことに気づかせて頂き、ありがとうございました!
本当に助かりました。

また、集中に関しても、そうかもしれませんね。

風邪を治したい、早く深い段階に行きたいと過剰に思いすぎていたのかもしれないですね。

○○○○にも「あなたは○○だ」と言われたことがあるのを思い出しました。
本当にご指摘の通りだと思います。


ゲームのような遊び感覚で○○○って、いいですね〜〜!

私はあの難解で有名なグラディウスの1の方もクリアしたことのある程のゲーマーですので、笑、

シューティングゲーム感覚で○○○って私にピッタリだと思います!
早速試してみたいと思います。笑。


すみません、余計なことを書きすぎました。
報告までですので、お返事不要です。


ヴィギャン編を楽しく拝読させて頂いています。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

B.Gさんより。

気付きについて歴1年の私でも実践できる!わかる!

「気づきの参考書」読ませて頂きました。
今回参加できて本当に良かったです。
ありがとうございましたという気持ちでいっぱいです。

今まで引き寄せの法則やエネルギーヒーリングの本を中心に読んできましたので○○を始めるまで、悟り、瞑想、気づきの本というのは私にとって敷居が高く精 神性の高い方が読むもの、なにか違う世界のようでした。

それが気付きについて歴1年の私でも実践できる!わかる!こんなにわかりやすく噛み砕いて教えてくれた本はありませんでした。

なにより普段青空に意識を拡大する、カット・ウォーキング・メディテーション(マントラ編)など無意識に行ってはいたのですが意味、意識の置き方を知らず にやっていたため効果半減させてしまっていたことが分かりました。

P.88「意識で音に触れる」はすごく面白く、いつでもできるので素晴らしいなあ、と思いました。どこでも出来る、心強いです。

まだまだ情報のあまりの濃さに圧倒されていて未消化な部分もありますが私なりのスピードで理解していきたいと思います。

他にも色々書きたいところですがまず実践、実践だと思いました。

読んだだけで終わりにしてしまうなんてもったいないことはせず日常に取り入れて「日常の中の気づきの時間」を増やしていけるよう取り組もうと思います。何 よりkojiさんが日常に取り入れやすいように書いてくださってるのが伝わりました。ありがとうございました。

H.Y さんより。

試し読み

今回は特別に試し読み出来るようにしております。

期間限定試し読みはこちらから
イメージ

こちらからメールアドレスを登録いただくと、すぐにあなたのメールボックスにお届けします。

また、試し読みの登録をして頂いたあなたに、特別に5日間のメール講座『そうだったんだ!!気づきの瞑想』をプレゼントさせて頂きます。

この5日間のメール講座を読んでワークする事により、意識の構造やそれを理解する事により今まで悩んでいた事が鮮明にみえてきて、霧が晴れるがごとく解消 するかもしれません。

アドレスを登録して頂くと自動的に1分〜10分以内にあなたのメールボックスにPDFが配信されますので、簡単に情報がゲット出来ますので今すぐにアドレ ス登録をして下さい。。

試し読みはこちらにメールアドレスをご記入下さい
メールアドレス
お名前

※確実にお届けするために、可能でしたらYahooメール、Hotmailなどのフリーメールアドレス以外でご登録をお 願いします。※お申込みいただくと無料メールマガジン・リアルワールドに登録させていただきますが、ご不要であれば簡単に配信解除していただけます。※ご 登録情報 は、プライバシーポリシーのもと厳重に管理いたします。第三者に開示することはございません。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。

参加するメリット

この気づきの参考書『ヴィギャン・バイラヴ・タントラ編』のプログラムに参加する事によって、 次のようなメリットがあります。

タダで教えて下さい

本来、精神世界というか心の領域の事は高額なお金を頂いて教えるものでは無いと思います。

ですから、もし、私が資産家で一切お金の為に働く必要が無くて、こういった活動を100%ボランティアで行える環境でしたら無料にした事でしょう。

しかしながら、私は資産家でもなく、お布施が入ってくるお坊さんでもありません。

あなたと同じ汗水たらして働く普通の社会人ですので、ボランティア活動に時間と労力がかかりすぎますと、その負担でこういった活動自体が出来なく なっていきます。

また、無料というかボランティアでやっていると、忙しくなってくると、どうしても優先順位が下がってくるのです。

やはり、やるからには自分の納得のいくレベルで提供したいと思っていますが、無料ですと私にも どこかで甘えが出てきます。

ですから、一定の参加費は必要になってきます。 また、今回シェアする方法の数々は単に瞑想して気持よくなるだけの為にあるわけではありません。 毎日の実生活で役に立つ内容になってます。

また、これを行う事により先にお話した瞑想的なメリットの他にビジネス的にも・・・

ビジネス的にも良い循環がおこり効果が充分に期待出来ますので、将来的には参加費が何十倍にもなって返ってくるでしょう。

エネルギーの交換

エネルギーは出した分だけ入ってきます。

私にも経験がありますが、金額が多ければいいとは言いませんが無料で教えてもらった事と、たとえわずかな金額でも身銭を切って、痛みを感じながら、この体と脳に刻み込んだ事とでは習得する速さや深さに違いが 出てきます。

「お金を払ったんだから、絶対に元はとってやる!」

とあなたも思った事があると思います。

やはり、人間は弱いものです。

無料のものはその時は確かにありがたいですし、得をした気がしますが、なんの努力もせずにタダで手にしたものは『エネルギーの交換』が成り立っていないの で身につかないのが世の常です。

いくらですか?

私がこの気づきの参考書で体得したメソッドを習得するのに、軽く新車が買えるほどの学習費用がかかってます。

しかし、だからと言ってあなたに500万円下さいとはいうのはフェアではありません。
それは私が勝手に使ったんであって、あなたには関係ありません。

いくら効果的なメソッドであろうと、それは私や既に参加して頂いている参加者さん達が実感していることであって、今、これを読んでいるあなたは正直、私の 事は信用していないと思います。

500万とはいいませんが、今まで10年以上、様々なセミナーや先生達を渡り歩いた方がこれを読んで理解し体感しはじめたという声も頂いてますので、10 万円でもはっきり言って安いと思います。

しかし、どこの誰かもわからない私が10万円下さいと言っても、あなたは走って逃げていくでしょうし、私だってまったく知らない人から言われた無視するか 走って逃げます。

参加費公開

そこで、どうすればいいのだろうと真剣に悩みました。
中学生が通う普通の塾でも月謝が3万円はする時代です。

秘匿性が高い内容を90日間にわたっての講座ですので、正直、最低でも5万円では安すぎると思ってます。

もし、タイムマシンがあって昔の自分に5万円で渡せるのでしたら、嬉しくて本当に涙 が出るかもしれません。

なぜなら、膨大な試行錯誤と数百万円が節約出来るからです。

これは別に大げさに言っているわけではなく、体験談のレビューをよく読んで頂ければわかりますが、感謝のメッセージを沢山頂いております。

ですから今回はより多くの人に読んでもらって、実践して気づきの状態を味わって頂きたと思っています。

ですから、5万円の5分の1の1万円前後を一般販売時には予定してます。

「より多くの人に気づきの状態の入り口だけでも知ってもらいたい。」

「気づきの力を日常生活で活かせるようになって、重い囚われや感情を解消して欲しい」

との思いから、出来るだけ参加しやすい1万前後という価格にする予定です。

しかし、今回はブログ公開記念ですので読者さんには6700円で参加頂けます。

特典その1 音声セッション MP3

更に参加者さんの意見として、聞きながら出来たら嬉しいということで音声ガイダンスが特典として付きます。

時間は20ー30分程度でヴィギャン・バイラヴ・タントラを元に聞いているだけで気づきの状態が目覚めるような内容になってます。

この音声の特徴としては、私が気づきの状態に入りながらガイダンスをおこないますので、1人で気づきの感覚を明確にするよりもより明確なフィーリングが感 じられると思います。

※ この音声セッションは週に1度配信されるWEB講座の内容の一部として提供させ て頂いております。


画像

円グラフのアンケートにあったように、合計で89%の参加者さんにご満足頂い ている音声ガイダンスになっております。

どのような音声ガイダンスかというと、本編のヴィギャン・バイラヴ・タントラの技法をもとに気づきに気づきやすくなるような音声ガイダンスです。

など、数種類ありタイプ別でありますので、あなたが実感しやすいようなガイダンスを選んでワークして頂けます。

特典その2 バージョンアップ

この『ヴィギャン・バイラヴ・タントラ編』も最初はヒーリング編は入っておりませんでした。

作り終わった後にバージョンアップとして追加した形です。

このように、参加者さんからの要望に合わせて必要ならばバージョンアップします。
もちろん、参加したあなたには無料でバージョンアップした内容を読む事が出来ます。

特典その3 90日間のWEB講座

実は今回の企画は単にPDFファイルを渡してお終いというものではございません。

PDFファイルの内容や必要と思われる内容を週に一度(毎週水曜日)に配信いたします。

配信の形式としては、メール又はMP3の音声ファイルを会員専用のメンバーサイトに て公開になっております。
つまり、90日間のWEB講座という形式をとっております。

会員サイト画像

 

90日間のWEB講座では本編のPDFだけではお伝えできなかった踏み込んだ内容になっております。

3ヶ月のWEB講座が行われるのですが、開始1ヶ月目の時にとったアンケートの感想 をご紹介します。


ア ンケートによるWEB講座の感想一覧

WEB講座の1ヶ月目の感想
内容やフォローは丁寧でよいと思います。
皆で盛りあがってる感じが伝わってくるとより、やる気が増すと思います。


じっくり行けるのがよい。
実践ガイドがよい。


いろいろなことを教えて頂けるのでありがたいです。

今後も宜しくお願い致します。


講座は とてもわかりやすいです。


次回を楽しみにしています。
限定解除のところをもっと深く、たくさんの例があったらいいなと思いました。


「気付きに状態って、やっぱりこれで良かったんだなあ」
ってところがいちばんの感想であり、いちばん助けになった所です。

やはり本とか読んで自分だけの感覚では、なんか思い違いかなぁ?
みたいなかんじだったので。

それに音声ガイダンスと文章という構成のおかげで、よりその状態が深くハッキリ捉えられたようです。


毎週,音声ガイダンスを楽しみにしています。
なるほど!と思える解説が多くあり、日常生活に取り入れやすい方法が紹介されているので講座に参加して良かったです!音声解説も毎週楽しみにしています。


音声だと、疲れているときや、やる気が起きないときでも学びやすいです。
本編はいつか紙媒体で出して頂けると嬉しいです。


真面目に実践していると、思いのほかしんどいなぁ、と思います。

ヴィギャンの詩はとても美しいので、慰められるので、詩の解説も少し入れて頂けると助かります。
最後に、リアルさん、改善アンケートをやろうと思って下さってありがとうございます。

良いものを提供したいというお気持ちが、学習意欲を高めてくれました。
とにかく最期までやり通します^_^"


満足です


テキストと共に音声ガイダンスがあるのは、とても良いです。参加型ワークショップだと、録音できない&メモも限りがあるので。


参加している方々の意見や感想も知りたいなと思いました。
独りで取組んでる私には、思い付かない事が得られるかも知れないので(非常に個人的なことでごめんなさい)。"


何十人も参加されてるということなので、非常に励みになりますし、内容も分かりやすい毎週楽しみ過ぎです。


音声での講座は情報量が多くてあっぷあっぷしながらも受け取らせて頂いてます。
今回参加できて本当に良かったです。


いつも有難うございます。
個人的な事情で、先月から多忙だったのですが、今回の限定募集を逃してはならないと思い、お申し込
みさせていただきました。


有益なお話が多く、良いと思います。

ただ、頭では理解できるところが多いのですが、実体験が追いついておりません。
実践が足りていないので、時間が取れ次第、さらに本腰を入れて取り組む所存です。
今後とも宜しくお願い致します。


一回目の「地味なことに取り組んでいけるか」のくだりに、不思議ととても励まされました。


拝見して、「痒いところへピンポイントに効く」と言う感じです。

色々な書籍を読みあさりましたが、靴の上から掻いているような、体中あちこち掻くのだけれど、痒みがずれていき発生源がわからなくなる感覚に陥りがちでし た。

サイキックな人が書いた書籍はその人が知覚しているレベルの話になりますし、聖者が残した本は寓話やたとえが多くて煙に巻かれたようになり、哲学者の本は 堅苦しくて集中できないなどなど。

でも、この気づきの参考書「ヴィギャン編」は私の知りたい部分がピンポイントに記されており、かつ思いもかけない方向へ掘り下げられているので驚きまし た。

特に「意識で音に触れる」方法にはああ!と思わず身を乗り出しました。

となると、同じようにマイナスの感情「嫌悪」や「怒り」も感情としてふっと湧きあがり、触れていることが多いのに気が付きました。

終盤の「ネガティブ感情のDelete」では応用して湧きあがる瞬間にその感情に気がつくようになりました。

ここまで書いてしまうと、他のスピ本の営業妨害になるのかもですよ。

読みなおすたびに気がつく部分が変化していきます。
自分自身の変化も楽しみです。

毎週送られてくるのが楽しみになりました。
これからも期待してます。


音声で定期的に発信していただけるので継続していけて、少しずつですが気づきが起きていくかんじです。とても自分にとってはいいことだと思います。


いつもすごいなぁと感心と憧れとをもって読ませて頂いてます。
知識量もすごいし、経験も豊富。語り口も私には感じ良いので毎回楽しみです。


解説も例えをたくみに使われてわかりやすいですし、色んなことを聞いていきたいですね。


今までにない感じでとても面白いです。
がんばってみにつけたいと思います。


自然に頭に入ってくる感じです。なかなか時間が取れなくて、音源までたどり着かないのですが、亀の歩みですすめています。


文章がとてもわかりやすく丁寧に書かれているので好感を持っています。
豊富な経験、体験をシェアしてくださりありがとうございます。


いままでのところ、とてもいいです。
すでに在るモノに気づいてゆくプロセスは、やはりひとりでは歩みづらいところがあると思います。


適切なアドバイス・ガイダンスに意識を向けることにより、他者の視点から自身をみつめる事により、今まで自分自身では解けなかったカラクリが解けて いくような気がしています。


毎週楽しみになっています。
なかなか継続出来ないですが毎週とにかく向き合っていると思うとどこかホッとしています。


今まで通りな感じで良いと思います。
とても解りやすく、納得がしやすかったです。


限定解除が大変おもしろかったです。
一度目はなかなか頭に入らなかったものの、二度聞いてみたらとても興味深い内容でした。


音声はありがたいです。
文章を読みながらだと、なかなか技法に集中できないので。


音声ガイダンスは実際に聴きながらするので、やりやすかったです。


気づきの参考書は表現しにくい心の構造をうまく解説されているので読みかえすたびに腑に落ちる事が多いです。

限定解除がまだしっくりきていないのか、気づきの空間を感じることが出来ていないので、出来るだけ実践するように心がけております。

講座を通して「気づき」というのは視線を変えると現れる3D立体視のようなものなのかなとも思いました。今後の展開を楽しみにしております。


奥の深い講座なのでついて行けるか不安なところもありますが楽しみながら頑張りたいです。


皆違うので、好きなものをチョイスできるのは凄くイイです^^


実践した結果、気づきの時間が増えて頭の中がクリアになり、仕事のストレスや疲労がかなり減りました。


まだ始めたばかりですが、実践的なので今までにない気づきへの期待感があります。


まだ始まったばかりなのでよく分かりませんが音声ガイダンスはとても良いと思います。


毎週楽しみにしております。個人的には、来週までの宿題(課題)があると一週間すっかり忘れていたということがなくなるのでありがたいです。これか らもよろしくお願い致します。


音声ガイダンスに関してはリアルさんのお話は面白いしためになるのでもう少々長めにしてほしい。


音声での解説はやっぱり情報量が多いし分かりやすくていいです。限定解除はとても参考になる。とにかく次が楽しみ。もっと頻繁に日常の作業中も気づ きの状態を持続するのが個人的にいまの課題です。


テキストを受け取り、一気に読みました。
今、改めてテキストに目を通してみたところ、このテキストだけで充分素晴らしい内容だと思います。

この世界では、身体は本当の自分じゃない…ということで、あまり身体のことを重視してないことが多いですが、リアルさんはグラウンディングの大切さをしっ かり言われているので、安心しました。私は心と体の関係の探求も大好きです。

気づきの意識はつかめているのですが、もっと日常的に活かせていけるよう、意識していきたいです。


講座自体は.この値段で、こんなにおしえてもらっていいの?って感じるくらい感謝してます。
m(__)m  で 本人の問題ですが.すぐ飽きてしまって(忘れてしまって)呼吸&思考に意識を向けるのを忘れて・・・・頭の中ぐるぐる→無気力になっ てしまううう。(-_-;)


呼吸のガイダンスはとてもよかったです。それに入れていたような気もします。
ただ、普段の生活での実践はとても難しく思考にとらわれてしまっています。たまに、人が周りにいなくなった時だけ、思い出して出来る程度になってしまいま す。


限定解除を最初に導入として入れて頂いたことが、自分の気づきレベルを深める上で、とても大事な部分だったなと思っています。

気づきの詩の解説の中でも随時そこに触れて頂いたことで、解除がスムースに進んだと感じています。

気づきを深める様々なワークにつきましては、○○の○○の説明の中で、なかなか掴みきれなかった気づきの意識化される前の領域の部分について、 「あ」という音の生まれるところ、そっと意識で触るような感じ、という解説がとても分かりやすかったです。

全体的に日本人の感覚で掴みやすい解説をして頂けたことを感謝しています。あとは個人の感性でしっくりくるものを選ぶということですね。

あとはヒーリングの部分について、ADとAFに分けて説明してくださったのがとても画期的でした。

E、Fの気づきについて、どのように考えればよいかがふっと掴めたように思いました。

EF領域の片鱗をかすめることが出来るようになったかなと。

その質を高められるように、気づきを日常に馴染ませてゆきたいと思っています。

繰り返し読む事で気づきが深まってゆくようです。素晴らしい教材をありがとうございます。今後の企画、改善についても期待していますので、何卒よろ しくお願いいたします。


ペースもいい感じですし、丁寧で簡単なものなのでとてもやる気がでます。

スペシャル特典

回数無制限メールフォロー

今回は特別に90日間は回数無制限のメールフォローをいたします。

本編PDFやWEB講座の内容に関してわからない点がございましたら何度でもメール して頂いてかまいません。

回答は基本的に24時間以内に返信いたします。

通常、メール相談などは5000円以上のサービスになりますが、今回は特別にこの講座に参加して頂いたあなたには90日間はわからない事がございま したら何度でもメールで個別サポートさせて頂いております。

ただし、この特別なサポート特典は私一人で回答しているもの でサポート人数が多くなってきますと、物理的に正直なところいつまで出来るかわかりません。

もし、あなたが興味はあるけれども、後で参加しようと思って次回、このページを見た 時にこの特典は消滅している可能性があります。

そうなると、あなたにとって、とても損失になるので、このスペシャル特典が明記して ある内に参加しておいて下さい。

返金について

基本は返金保証というのは考えてません。
参加して頂いた方は理解して頂けると思いますが、私は全力を込めてこのプログラムを作り上げました。

ですから・・・・

「オモシロそうだから、ちょとだけ読んでみて後で返金すればいいや」

という冷やかし半分の方はハッキリ言って参加して欲しくありません。

また、あまりこういう事を言うと嫌わせるかもしれませんが・・・


と無料の情報にしか興味がない方


のように他人に依存するタイプの方


のような方の参加はご遠慮下さい。

しかし、あなたはここまで私の話を読んで頂いているということは、とても勉強熱心な方だと思います。

なにも興味がなかったり、楽してなんでもしようという人はここまで長い文章を読まな いと思います。

ですから、私はそんなあなたに6700円といえどもあなたに1ミリたりともリスクは とって欲しくありません。

あなたに損はさせたくありません。
このプログラムには自信があります。

しかし、あなたが・・・

「私に合わなかったらどうしよう。。。」

と心配する気持ちもわかります。

私も高いお金を出して色々な技法を習ったり、セミナーに参加したりしても予想とは違い残念だった事はありますので、あなたのその気持はわかります。

そこで、少しでも不安な気持ちがあるのでしたら、その不安を払拭する為に返金保証を つける事に しました。

プログラム参加から一ヶ月以内であれば私にメールして頂ければ5日以内に全額返金さ せて頂きます。

(ただ、返金される場合は次回からは私から提供されるプログラムにはお申し込みはご遠慮下ください。また、お申込み頂いたにもかかわらず、なんのご連絡も なくお振り込みをされない方は次回からはこちらから参加はお断りする場合がございます)

返金をご希望の場合は「返金希望」という件名でお名前と振込先をお知らせ下さい。

返金ご連絡先
https://88auto.biz/realworld/touroku/entryform2.htm

これで、実質無料であなたは今回のプログラムに参加する事が出来るわけです。

ブログでの限定販売

参加費6700円での募集はブログ公開記念なので、いつまでもこの価格で提供出来るわけではありません。
一般販売時には1万前後での提供となりますし、返金保証も正直付けるかどうかわかりません。

また、スペシャル特典の90日間メール無制限個別対応の特典もいつ閉鎖になるかわかりません。

ですから、少しでもこのプログラムが気になる場合はブログの限定販売の今、参加して頂いた方がお得です。

後で申し込みしようと思って再度、このページに訪れた時には参加費6700円ではなく1万円以上になっている場合もあります。

参加方法

参加方法は PayPal か銀行振り込みです。

ブログ限定公開記念で6700円です。

下記に参加するURLがそれぞれありますので記入して下さい。

PayPalの場合はペイパルの記入例にしたがって記入して下さい。

PayPalでの入金完了後に自動的にPayPalご登録アドレスへお届けになります。
※ メルマガご登録アドレスではありません

銀行振り込みの場合は基本2日銀行営業日以内の確認になります。

確認出来次第、メールにて送らせて頂きます。

 ヴィギャン・バイラヴ・タントラの PDF はご入金が確認出来次第、メールにて配信されます。

また、特典の音声と購入者専用メルマガの開始はお申込みの翌週水曜日からを予定しております。


今回、このプログラムに参加されるあなたはとても幸運だと思います。

インターネットのサイトやブログは何億もの数がある中で、今、この文章を読んでいるあなたは本当に幸運だと思います。

私も今からあなたと一緒にプログラムが始まるのを楽しみにしています。

それでは、今すぐに参加URLを押して軽やかな波動の世界へ行きましょう。


PayPalでの参加はこちらから。



銀行振り込みでの参加する場合はこちらから

銀行振込で 参加する


粟沢 恒治
TEL 080-4117-9849
神奈川県相模原市緑区大島3200

追伸

繰り返しになりますが、今回のプログラムに参加する事によって、あなたは気づきとはな にかという事とそれを実際に日常生活に生かす考え方やテクニックが習得出来ます。


参加は方法はPayPalと銀行振り込みで対応してますので、メールを送信して頂くだけでご参加頂けます。

また、30日間お試し期間がありますので、1ヶ月間試してみてまったく変化が無い場合 は返金させて頂きますので安心です。

つまり、あなたは今回購入するのではなく、無料で試す事と同じ事なのです。


一緒に90日間頑張りましょう。



粟沢 恒治
ページの先頭へ